虹のかけはしとは

「人が持つ多様な個性を、ありのままに尊重できる社会づくりに貢献したい」
そんな想いで、教育コンサルティングオフィス虹のかけはしは、スタートしました。


私たちは子育てや教育に関わる上で、「どんな人も、そのままですばらしい存在である」と信じる姿勢を大切にしています。
得意なことも苦手なこともそのままで、いきいきと活躍できるためには、どんな配慮が必要で、どんな環境を整えればよいのか。こういった発想で、子どもに関わることが大切だと考えています。
実際、このような発想で教育に取り組むと、どんな子も必ず成長し、その子が本来持つ「その子らしさ」が開花して、その子の歩む道ができていきます。

これは、子どもに限らず、子育てに関わる私たち大人も同じです。どんな人にもある、得意・不得意の個性を、そのままに認めて、自分らしく生きること。これが、自分の持てる能力を最大限発揮して幸せに生きるために、もっとも大切なことだと考えています。

当オフィスでは、実際に取り組んで成果の出た方法を、より多くのみなさまと共有し、みなさまと、みなさまのお子さんとのかけがえのない時間が、より幸せなものになるようにお手伝いしたいと考えています。

このロゴには、私たちの教育実践への想いがぎゅっと詰まっています。

 

ロゴのハートは、私たちの「こころ」を表しています。これは、私たちの輝く可能性です。

そして、ロゴの雲は、私たちの「悩み」を表しています。これは、私たちが持っている可能性をふさいでしまうものです。

 

本来、 私たちのこころは、いつでも輝きに満ちています。
しかし、悩みの中にいると、まるで雲がかかったかのように、その輝きが見えなくなってしまいます。

  

悩みを解消し、こころの輝きを取り戻すことで、自分の思い描いた未来に向かって自由に羽ばたいていく。そしてそれによって、子どもはもちろん、周りの様々な人々とも、良い関係を築いていくことができる。七色の人々をつなぐ、私たちはその「かけはし」になりたい。

そんな願いを、「虹のかけはし」という名前に込め、このロゴをデザインしました。

 

「悩みの雲」と「輝くこころ」の間に「虹」の橋を架け、「蝶」のように羽ばたくキッカケをつくる。

それが、私たちが提供するコンサルティングサービスです。